特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > レンゴーが三協段ボール・アサヒ紙工に資本参加

レンゴーが三協段ボール・アサヒ紙工に資本参加 2007-12-25(第997号)

レンゴー(株)では12月21日、次の資本参加を発表した。

[三協段ボールへの資本参加について]
レンゴーでは、三協段ボール(株)(本社・大阪府寝屋川市、大津晴一社長)が実施する第三者割当増資に応じ、同社に資本参加しましたのでお知らせします。今回の増資引き受けによって当社の同社への出資比率は49%となります。三協段ボールは、当社が2005年11月に資本参加したゴールド商事(株)を中核とするゴールドグループ(三協段ボール(株)、大陽紙業(株)、協和紙工(株)、新日本段ボール(株)、他6社)の一員です。当社は、ゴールド商事への資本参加後、三協段ボールに対し、環境対策、技術支援、段ボール原紙の取引などを通して、同社との関係を深めてまいりました。今回の三協段ボールへの資本参加を機に、当社は、三協段ボールに人材を派遣するなど、更なる関係強化を図るとともに、同社の経営基盤の強化を図ってまいります。
【会社概要】
▽本社=大阪府寝屋川市香里西之町1番5号▽代表者大津晴一▽資本金2億928万円▽主要株主=レンゴー(株)49.0%、ゴールド商事(株)28.2%、その他22.8%▽事業内容=段ボールシート・ケースの製造販売▽売上高31億円(2006年12月期)▽従業員52名。
[アサヒ(株)紙工への資本参加について]
レンゴー(株)では、アサヒ紙工(株)(本社=埼玉県鴻巣市、松浦益二郎社長)の発行済株式の60%を現株主より取得し、子会社としましたのでお知らせします。アサヒ紙工は優良得意先を持つ関東地区の有力段ボールメーカーですが、後継者がいないことから、現株主より当社へ株式譲渡の申し入れがあったものです。当社は、今後役員の派遣等を行い、同社の段ボール事業の競争力強化を図るとともに、近隣の当社直営工場およびグループ企業との連携を通じて、関東甲信越地区での段ボール事業のさらなる充実を図ってまいります。
【会社概要】
▽本社=埼玉県鴻巣市箕田4070番地▽代表者=松浦益二郎▽資本金3億円▽株主=レンゴー60%、日本大昭和板紙40%▽事業内容=段ボールシート・ケースの製造販売、金属パレットの修理▽売上高45億円(2006年12月期)▽工場=本社工場(埼玉県鴻巣市)、長野工場(長野県北佐久郡)、茨城工場(茨城県神栖市)▽従業員104名。