特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > レンゴー第3四半期業績、価格修正で増収・増益

レンゴー第3四半期業績、価格修正で増収・増益 2009-01-30(第1023号)

レンゴー(株)では1月30日、平成21年3月期第3四半期の連結業績をまとめ、発表した。
それによると同期(平成20年4月1日〜12月31日)の売上高は3,514億1千万円(前年同期3,320億5千万円)で5.8%増収、営業利益は127億2,100万円(同113億3,700万円)で12.2%増、経常利益は115億1,800万円(同104億7,700万円)で9.9%の増益、そして四半期純利益が82億6,700万円(同57億6千万円)で43.5%の大幅増益となった。

これをセグメント別にみると、主事業の板紙及び段ボール製品は販売量が秋口以降大きく落ち込み、また原燃料価格上昇の影響があったものの、製品価格の修正が寄与して増収増益。売上高2,900億2,800万円(6.7%増)、営業利益は123億2千万円(28.6%増)となった。

なお、通期の連結予想については、ほぼ見込み通り推移しているため、平成20年10月30日に公表した業績予想を変更しないと発表している。