特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 王子製紙、業績予想修正を発表

王子製紙、業績予想修正を発表 2009-09-30(第1039号)

王子修正予想王子修正予想

王子製紙㈱では、最近の王子製紙グループの業績動向等を踏まえ、平成21年5月4日に公表した平成22年3月期第2四半期連結累計期間(平成21年4月1日〜平成21年9月30日)の業績予想を下記の通り修正すると発表した。(別表参照)

なお、平成22年3月期通期の業績予想は現在見直し中のため、第2四半期決算確定時に発表の予定。

▽修正の理由
紙・板紙需要は依然回復せず、王子製紙グループでは減産を継続することにより需給調整に努めたため、生産・販売量が低調に推移し、売上高は前回予想を若干下回る見通しとなった。その一方で、グループ全体で取り組んだコストダウンが順調に進捗したこと、及び原燃料価格が想定レベル以下に収まったこと等により、営業利益・経常利益・四半期純利益とも前回予想を上回る見通しとなった。
また、下期以降の見通しとしては、需要環境に回復の兆しがないことに加え、一部の原燃料価格が上昇に転じているなど、さらに厳しい状況が予想される。このため同社は、今後も事業構造改善を含む固定的費用の削減を中心とするコストダウンを強力に推進、業績の改善を図るとしている。