特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 10月の段ボール生産速報、実質2.7%減に

10月の段ボール生産速報、実質2.7%減に 2009-11-30(第1043号)

平成21年10月の段ボール生産速報が発表された。それによると、同月の生産は11億5,643万m2で、前年同月比7.7%の減少となっている。

但し、今年10月の土日・休日を除いた実働日数は21日。前年10月の22日に比べ1日少ないため、これを調整した実質では、ほぼ5ポイント修正の2.7%減少程度と、第3四半期に比べ5ポイントほどの上昇となった見込みである。

昨年9月の世界経済危機の影響からあらゆる事業分野で深刻な需要縮小が発生しているが、段ボールの場合、一定量が保証される形の食料品需要のウェイトが60%程度を占めること、更に電機・自動車などの回復が反映されたとみられる。