特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 東京パック開幕へ

東京パック開幕へ 2010-09-15(第1062号)

2010東京国際包装展「東京パック」(主催・日本包装技術協会/会長=足立直樹凸版印刷社長)が10月5日(火)-8日(金)の4日間、東京ビッグサイト東1-6ホールで開催される。東京パックはパッケージに関わる様々な商品・情報・システムを一堂に集めるアジア最大の専門展示会で、1966年の第1回から今回で23回目を迎えることとなる。今年のメインテーマは「成長のヒントは包装にある」。地球環境の維持と持続可能な社会の実現を目指し「展示」と「セミナー」との二つの構成で情報を発信して行くとしている。

東1-6ホールの「展示会」は、(1)包装資材、(2)包装機械を中心に、(3)包装加工機械、(4)食品・医薬品加工機械、(5)包装・環境関連機材、(6)包装デザインサービス、(7)流通・物流システム機器、(8)その他、の8つの分野からの出展で構成される。さらに今回は「安心・安全パッケージ」や「パッケージデザイン」、「エコパッケージ」、「ユニバーサルデザイン」など4つのテーマの特設パビリオンを会場内に開設して、最新の技術や情報、商品、企業事例を紹介し、包装の果たす役割や重要性についての理解を深めることに重点が置かれている。同時に、従来通り、パッケージデザインを様々な点で評価・表彰する「日本グッドパッケージング展」も開催される。

また、会議棟では、各企業の最新の取り組みを紹介するセミナーや生活者と企業が情報交換を図る「グリーンフォーラム2010」、世界各国のパッケージのトレンドを考察する「アジア包装会議2010」などが予定されている。

【展示会】

▽包装資材類(東1-3ホール)=紙、板紙、紙器、段ボール、プラスチック、金属、ガラス、緩衝材、不織布、ラベル、シール、インキ、接着剤、エコパッケージ、その他包装資材類。

▽包装機械類(東4-6ホール)=軽量機、充填包装機、真空包装機、製袋充填機、容器形成充填機、上包機、ラベル貼機、印字機、ケース詰機、封緘機、結束機、洗瓶機、その他包装機類

▽包装加工機械類(東5-6ホール)=印刷機、製版機械、紙加工機械、プラスチック加工機械、製袋機、製箔機、打抜機、スリッター、緩衝材製造機、その他包装材加工機械類。

▽食品機械類(東3ホール)=調理機器、製菓製パン加工機械、食肉加工機械、乳製品加工機械、米飯加工機器、脱水機、ポンプ、サニタリー製品、HACCP対応製品、その他関連機材類。

▽包装関連機材類(東3、5-6ホール)=試験機、検査機、選別機、分析測定機器、洗浄機器、電子装置、情報機器・ソフト、廃棄物処理装置、リサイクル加工機器、環境対応設備機器、その他関連機材類。

▽HM物流機器類(東3ホール)=コンテナ、パレット、ラック、コンベア、搬送システム、キャスター、リフター、仕分けコンベア、パレットストレッチ類、運搬機材、その他MH物流機材類。