特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > セッツカートン、関西工場を再編

セッツカートン、関西工場を再編 2010-09-30(第1063号)

レンゴーでは9月21日、同社100%出資子会社のセッツカートン(株)伊丹工場(兵庫県伊丹市)のリニューアル工事及び関西地区における工場再編を下記の通り実施すると発表した。

(1)伊丹工場リニューアル
セッツカートン(株)伊丹工場は、1963年(昭和38年)設立の同社の基幹工場ですが、建屋・設備の老朽化に加え、工場棟が手狭となっており、かねてリニューアルを検討しておりました。今般のリニューアルは、コルゲータ工場棟を増築して2200mm幅コルゲータへの更新を行うとともに、ケース工場棟を改修し製函ラインの増設・更新を実施いたします。あわせて防虫・紙粉対策にも万全を期した最新鋭工場とする予定です。リニューアル工事は2011年10月完了の予定で、設備投資額は約30億円と見込んでおります。

(2)関西地区の工場再編
関西地区においてセッツカートンは伊丹、小野(兵庫県小野市)、東大阪(東大阪市)、南大阪(大阪府松原市)の4工場を有し、段ボールシート・ケースの製造販売を行っておりますが、これまで伊丹工場で不足する生産能力を、これら周辺工場が補完する状況となっておりました。今般、伊丹工場のリニューアルに伴ない、南大阪工場を移転し、東大阪工場はコルゲータを休止・撤去したうえで製函工場とする予定です。今回のリニューアルと関西地区における再編によって、生産・供給体制の最適化を図るとともに、これまで以上にユーザーニーズへの迅速な対応と一層の品質向上を図り、当社グループの段ボール事業のさらなる強化を目指します。

【セッツカートン会社概要】

▽本社=大阪市西淀川区御幣島2-15-28▽代表者岩本英昭(いわもと・ひであき)▽資本金400百万円▽株主=レンゴー(株)100%▽事業内容=段ボールシート・ケースの製造販売▽売上高401億9,500万円(2010年3月期)▽従業員数600名。