特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > iPadで段ネットを読もう

iPadで段ネットを読もう 2010-11-30(第1067号)

▼今年の6月、この欄に「MacのiPadを買いました」という話を書きましたが、その後のご報告です。

▼まだ十分には使いこなせておりませんが、大変な優れものです。それに本紙の「段ネット」を読むのにとても便利、重宝で、これまでのコンピュータで読むのと比べて何倍も楽かなという感じなので、ついつい「iPadで読むと楽ですよ」と会う人ごとに宣伝したくなってくる始末です。

▼と言っても、購入して半年も経つのに、出来ることといえば、コンピュータの先生に設定してもらった部分と、自分で本を読んで多少はできるようになったメニューだけの限られた範囲です。それでも、iPadでメールが読めるようになりました。ということは外出先でもでしょうか。それに何よりも段ボール事報「段ネット」です。それとミュージックもです。

▼老い先が短いのに、今更、そう慌てて何もかも覚え込まなくてもいいかという事情ですから、少しずつ、楽しみながら覚えて行くことにします。

▼さて、本題は段ネットです。スイッチを入れてサファリSafariのアイコンにタッチすると、前回読んでいた画面がすっと出てきます。タテの画面をヨコにすると、左側にホームのメニューがずっと並んでいるので、順繰りに選んで読むこともできるし、それに何より驚いたのはA2サイズの新聞紙面(PDF)を読むのが非常に楽なことです。

▼トップ記事などの前文のリードは、長さが48字で、段数で4段もあるのですが、タテにすると新聞活字以上の大きさで一覧できるし、普通の記事はズームアップして読める。また図表なども拡大すると、取り込んだときには思いも及ばなかったほど細部まで鮮明に見えたりと、こんなツールを発明した天才に改めて驚き、感謝しております。

▼iPadは、ホントに便利な読む道具です。