特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 特種東海製紙3月決算

特種東海製紙3月決算 2011-05-15(第1078号)

特種東海製紙では5月12日、平成23年3月期の連結決算をまとめ発表した。
それによると同期の売上高は793億6,300万円(前期比1.7%増)、営業利益は38億3,800万円(同11.4%減)、経常利益が37億1千万円(6.5%減)となり、この結果、当期純利益は8億3,900万円(53.1%減)の減収減益となった。

主力製品の段ボール原紙は景気回復に伴う需要増に加えて猛暑による飲料需要増などの増益要因があったものの、第3四半期以降、原燃料価格の上昇が収益を圧迫、売上高390億1千万円、営業利益5億8,700万円となっている。