特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 王子製紙が富岡工場のS&B発表  抄紙機6台を1台に集約

王子製紙が富岡工場のS&B発表  抄紙機6台を1台に集約

王子製紙(株)では先の北越製紙に対するM&A計画の不調、断念に伴い、9月19日、徳島県阿南市の富岡工場に500億円を投資し、2008年を完成時期として、年産能力35万トンの薄もの塗工紙生産設備を新設することを決定したと発表した。新設備の稼動に伴い、富岡工場の抄紙機6台(年産能力30万トン)の停機を予定している。

王子製紙では、今回の富岡工場のスクラップ&ビルド計画の実施により、課題としていた最新鋭設備の導入によるコストダウンを実現することが可能としている。