特大


業界フラッシュ

ホーム > 業界フラッシュ > 「エクセル段ボール価格計算表」

「エクセル段ボール価格計算表」 2007-08-30(第989号)

▼9月末日期限の段ボール加工賃値上げ、それも9月1日出荷分からの段原紙のキロ7円以上の値上げと重なるわけだから、この9月から10月にかけて、段ボールメーカー、ボックスメーカーの会社幹部も販売スタッフも、ユーザー先との熱い交渉で、大変な繁忙状態になりそうである。

▼中でも、特に統合大手では、全業界の先頭に立って是が非でも加工賃確保を達成しなければならない事情だから、大袈裟に言えば、会社始まって以来の状況が出現することになるし、とはいえ専業大手は勿論、中堅・中小段メーカー、ボックスメーカーのすべてが、ただ座して待っていれば、統合大手が自社の加工賃や原紙・シート代の値上げを代行してくれるわけではないから、ただぼんやりと模様眺めをしているわけには行かない。

▼その結果がどうなるかだが、今回は100%通る。だから、他社の動きなど余計な心配をせず、最初から100%通ることを前提に行動したらよい。というのも「その頃合い」だからだろう。

▼世の中には、タイム・プレース・オケージョンということがある。これまで何度も失敗したのが逆に踏み台に変わった。第二に、段ボール需要の60%が食品だが、バイオ燃料の登場で食品物価が変動相場制に変わった。更に統合大手が陣容を一新して、いままでと違う直接行動に踏み切った。

▼話は変わって、箱価格の簡易計算表の問題。箱価格は段ボール・ユーザー両業界の共用語、いわば「共通言語」だから、この紙とこの紙を使ってこの才数、この形式でロット数が50個なら幾ら、300個ならと、所定のデータを入力すると誰にも簡単に答えが出る計算表があれば素晴らしい。

▼ということで、IT時代の共通言語「エクセル段ボール価格計算表」を思い付いた。"新価格体系"が浮かび上がる頃をメドに、と考えている。