特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 米国段ボール出荷動向

米国段ボール出荷動向 2008-06-30(第1009号)

米国出荷米国出荷

米国生産在庫米国生産在庫

2008年5月度の米国の段ボール出荷が316億2,700万平方フィート(29億3,824万7千m2)、前年比4.5%の減少と発表された。但し、この5月の出荷日数は21日で、前年5月の22日より1日少ないため、これを調整した実質ではプラマイ・ゼロの100.0%と発表されている。

これを加えた1〜5月の出荷は1,589億4、600万平方フィート(約147億6千万m2)、前年同期比1.9%の減少。減税による消費拡大が5月以降に期待される反面、経済混乱による影響がこの1〜5月に集約された形と見られている。

地域別にも、5月は全米6地域すべてがマイナス。また、1〜5月の累計で見ても全地域がマイナスで、各地区とも前年比1〜2%程度の減少だが、問題の金融センター、ニューヨークを中心とするノースイースト地区だけが5月5.5%減、累計で4.7%減と大幅なマイナスを記録しており、サブプライム問題等の深刻さを垣間見せている。