特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 紙・板紙海外動向

紙・板紙海外動向 2008-08-30(第1013号)

中国生産中国生産

中国原材料輸入中国原材料輸入

2008年6月の中国の紙・板紙生産量は引きつづき700万t台の高水準ながら、前年比伸び率は1ケタ台に低下、また古紙輸入量は初めて前年比減少となって、これまでの拡大一方の趨勢に変化の兆しが見え始めた。

【中国】
2008年6月の紙・板紙合計輸出量は22万4千t(前年比28.7%減)と大幅減少した。このうち紙は新聞用紙が2万3千t(61.3%減)、紙合計18万tと25.8%の減少、また板紙は中芯原紙がゼロ、白板紙は大幅減少、板紙合計で4万4千t(38.6%減)となった。また、1〜6月の紙・板紙合計輸出量は180万t(前年同期比10.9%増)となった。
一方、6月の紙・板紙合計輸入量は28万3千t(7.6%減)と減少、うち、紙は塗工印刷用紙が4万8千t(13.1%減)、紙合計11万4千tと9.5%減少。また板紙はクラフトライナーが3万t、12.6%増加だが、板紙合計では16万9千t、6.2%の減少となった。これを加えた1〜6月の紙・板紙合計輸入量は166万t、前年同期比12.3%減となっている。
[生産]
6月の中国の紙・板紙合計生産量は742万7千tと、4月以降、引きつづき700万t台の高水準で推移しているが、前年同月比では6.2%増と、1ケタ台にとどまった。
これを加えた1〜6月の紙・板紙合計生産量は4,172万9千t、前年同期比14.5%増となった。また、6月の紙・板紙合計内需は743万8千t、前年比12.2%増で、国内自給率は99.1%。また1〜6月の紙・板紙合計内需量は4,122万9千t(前年比11.9%増)、国内自給率101.2%と、100%を越えた。
【米国】
6月の紙・板紙合計輸出量は86万8千t(9.6%増)。うち紙は新聞用紙が9万2千t(57.1%増)、紙合計34万8千t(9.8%増)となった。また、板紙はクラフトライナー30万1千t(15.8%増)、板紙合計52万1千t(9.4%増)と大幅増加となった。1〜6月の紙・板紙合計輸出量は526万7千t(7.4%増)となった。一方、輸入量は紙・板紙合計104万8千t、10.1%の減少。うち紙合計は92万1千t(11.5%減)、板紙は合計12万7千t(1.5%増)。1〜6月の輸入量は紙・板紙合計663万8千t(7.3%減)。
[生産]
6月の米国の紙・板紙合計生産高は679万4千t(0.8%減)とやや減少。うち紙合計で302万7千t(1.5%減)。板紙合計364万6千t(3.5%減)となっている。また、1〜6月の生産高は紙・板紙合計で4,084万1千t(0.5%減)となった。
【原材料動向】
[中国]
6月の中国の古紙輸入量は180万8千t、3.3%減と、はじめて減少傾向が浮かんだ。国別では米国が72万t(0.3%減)、日本が24万4千t(22.5%減)、オランダ11万5千t(17.3%減)と減少した一方、英国が21万4千t、2.6%増となった。これを加えた1〜6月の中国の古紙合計輸入量は1,220万7千t(前年同期比3.7%増)。
また、中国の6月のパルプ輸入量は合計79万5千t(17.9%増)と大幅増加。これを加えた1〜6月合計のパルプ輸入量は498万5千t(18.4%増)となった。
[タイ]
タイの6月の古紙輸入量は12万9千t(54.2%増)と急増した。国別では米国が3万2千t(12.6%増)、日本3万t(36.0%増)シンガポール2万2千t(2.2倍)。これを加えた1〜6月のタイの古紙輸入量は67万8千t(38.7%増)となった。