特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 米国段ボール出荷動向

米国段ボール出荷動向 2008-10-30(第1017号)

米国出荷米国出荷

地域別出荷地域別出荷

2008年9月度の米国の段ボール出荷が313億9,300万平方フィート(29億1,650万7千m2)、前年比1.9%の減少と発表された。但し、同月の出荷日数は21日で、前年9月より2日多いため、これを調整した実質では11.3%の減少と発表されている。

また、これを加えた08年第3四半期の出荷量は966億平方フィート、前年同期比1.9%の減少となり、今年はこれで3四半期連続のマイナス。しかし、2006年以来の経過で見ると、07年第3四半期(0.1%増)を唯一の例外に、06年第3四半期から実質9四半期連続のマイナスとなっている。

2008年9月の地域別には、全米6地域で全て11%台のマイナス。金融バブル崩壊に伴う実体経済への影響が、段ボール出荷動向にも急速に反映され始めた形となってきている。また、段ボール出荷減から、段原紙の生産量は4月以降、6カ月連続減少となった。