特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 紙・板紙海外動向

紙・板紙海外動向  2010-01-30(第1047号)

中国生産中国生産

原材料輸入原材料輸入

日本紙類輸出組合では、このほど「紙・板紙海外動向」2009年11月版をまとめ、発表した。それによると、同月の中国の紙・板紙合計生産量は872万tと前年同月比28.8%増となり、これまでの最高生産記録だった09年6月の853万tを20万tも上回る過去最高記録となった。同月の内需量も870万2千tで過去最高。需要.供給が均衡した形でテンションの高い生産活動が続いている。ただ、その一方で、不動産価格の急騰など、日本のバブル時代を想起させる社会現象も続いている。成り行きが懸念されよう。

【中国】
[生産]
2009年11月の中国の紙・板紙生産合計生産量は872万tと前年比28.8%増で、6月の853万tを上回る最高記録を更新した。このうち塗工印刷用紙は19万5千tで、前年同月比は11.0%増となっている。
なお、09年11月の内需は紙・板紙合計870万2千t(同26.7%増)となった。国内自給率は100.2%となった。
[輸出入]
11月の紙・板紙合計輸出は26万5千t(26.3%増)と大幅増加、うち紙はコート紙が9万7千t(12.1%増)、紙合計で20万4千t(11.8%増)に。板紙は塗工白板紙が5万4千t(2.3倍)と急増、板紙合計では6万t(2.3倍)となっている。
一方、紙・板紙合計輸入量は24万7千t(17.0%増)と2ケタの増加となった。うち紙はコート紙が3万t(10.3%増)、紙合計では10万7千t(25.0%増)と大幅増加した。板紙はクラフトライナーが4万6千t(49.8増)、板紙合計で14万t(11.5%増)となっている。

【韓国】
[生産]
09年11月の韓国の紙・板紙合計生産量は92万3千t(0.5%減)と前年比でやや減少、うち、紙は46万8千t(2.9%増)、板紙は45万5千t(3.8%減)となった。
[輸出入]
輸出は紙・板紙合計で23万3千t(43.8%増)と急増した。そのうち、紙はコート紙が13万t(14.8%増)、紙合計で20万8千t(39.8%増)、また板紙は中芯原紙が合計1万1千t(48.1%増)、板紙合計で2万6千t(86.2%増)となっている。

【台湾】
09年10月の台湾の段ボール原紙輸出量は4万5千t(20.6%減)となった。クラフトライナーは2、300t(30.7%減)、テストライナーは2万5千t(23.0%増)、中芯原紙は1万8千t(46.1%減)となっている。これを国別にみると、中国向けが1万4千t(54.9%減)、ベトナム8千t(23.8%減)と減少、マレーシアは5、600t(47.1%増)と増加した。

【インドネシア】
09年10月のインドネシアの上級印刷用紙(非塗工.PPC用紙含む)の輸出量は22万8千tとなった。国別では、日本向け5万5千t、マレーシアが1万7千t、アラブ首長国連邦が1万6千t、米国が1万5千tとなっている。

【米国】
[生産]
09年11月の米国の紙・板紙合計生産高は611万1千t(2.8%増)と増加した。そのうち紙は塗工印刷用紙が56万5千t(10.9%増)、紙合計では261万5千t(0.5%増)となった。板紙はライナーが142万2千t(8.5%増)、板紙合計で349万6千t(4.6%増)となっている。
[輸出入]
09年11月の米国の紙・板紙合計輸出量は85万4千t(7.5%増)と増加した。うち、紙は上級紙が4万9千t(59.7%増)と急増、紙合計では32万3千t(3.6%増)となった。一方、板紙はクラフトライナーが32万8千t(16.8%増)、板紙合計では53万1千t(10.0%増)となった。09年11月の紙・板紙合計輸入量は83万8千t(15.7%減)と前年比で大幅減少となった。うち紙は塗工印刷用紙が13万6千t(26.6%減)、紙合計72万3千t(16.2%減)に、板紙はテストライナーが1万2千t(21.6%減)、板紙合計は11万5千t(12.3%減)となっている。

【カナダ】
09年11月のカナダの紙・板紙合計輸出量は81万4千t(12.6%減)と減少。うち、紙は新聞用紙が32万t(27.1%減)と前年比で3割もの減少で、紙合計では70万8千t(14.6%減)となった。板紙は合計10万6千t(3.6%増)。

【EU】
09年10月のEU27カ国合計の紙・板紙合計輸出量(域外向け)は130万8千t(4.5%増)と増加した。紙は合計91万9千t(3.8%増)、うち塗工印刷用紙が41万3千t(4.4%)となった。板紙は塗工白板紙15万8千t(4.1%)、板紙合計38万9千t(6.1%増)と堅調に推移した。

【原材料輸入】
[中国]
09年11月の中国の古紙輸入量は208万5千t(8.6%増)と再び200万tを上回った。国別では米国86万2千t(13.4%増)、日本29万8千t(40.2%増)、英国21万4千t(3.0%減)、オランダ12万9千t(21.2%減)、カナダ9万8千t(同2.4倍)。また、09年11月の中国のパルプ輸入量は合計96万3千t(68.2%増)と急増が続いている。
[タイ]
11月のタイの古紙輸入量は6万4千t(53.9%増)と急増した。国別で日本2万3千t(同約4.4倍)、米国1万2千t(19.1%増)、オランダ5、400t(77.4%増)、ドイツ3千900t(72.6%増)となっている。09年11月のパルプ輸入量は4万3千t(43.2%増)と大幅増加が続いた。