特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 米国段ボール出荷動向

米国段ボール出荷動向 2010-06-30(第1057号)

米国出荷米国出荷

原紙生産在庫原紙生産在庫

2010年5月の米国の段ボール出荷が295億1千万平方フィート(27億4,157万1千m2)、前年比5.3%増と発表された。1月以来の経過で見ると、第1四半期はまだ不安定な要素が残り、前年比で実質2.1%台の回復に止まっていたが、4月〜5月にはほぼ2ポイント上昇の4%台まで回復してきており、日本の場合と同様、次第に力強さを増す印象となっている。

また、地域別には、これまで伸び悩み状態が続いていたイーストセントラル及びサウスイースト地域が、5月には実質5〜6%台の回復ぶりで、これが全体の数字を底支えする状況にもつながってきている。

世界経済の回復を受けて、クラフトライナーの生産は3月以降、2ケタ台の伸長がつづき、5月は10.3%の増加。そして、段ボール原紙の生産拡大に対し、輸出がそれを上回るペースのため、原紙在庫の減少がつづき、5月末には200万tの大台を割り込んだ。