特大


海外の製紙、段ボール動向

ホーム > 海外の製紙、段ボール動向 > 米国段ボール出荷動向

米国段ボール出荷動向 2010-12-25(第1069号)

米国/段ボール出荷米国/段ボール出荷

段原紙動向段原紙動向

2010年11月のアメリカの段ボール出荷が285億5,500万平方フィート(26億5,284万8千m2)、前年比5.4%増と発表された。但し11月の出荷日数が20日と前年に比べ1日多いため、これを調整した実質では0.1%の増加と発表されている。

これを加えた1-11月の累計出荷は前年比3.4%の増加で、地域別にも西部(太平洋岸)の4.5%増を筆頭に、地域別6ブロックのうち3%以上の増加が4ブロック、そして2%台が2ブロックと、底堅い推移となっている。

リーマン・ショック後の昨年前半に220万t割れまで落ち込んだ米国の段原紙生産は年間を通じ月250万t台まで回復、1-11月累計では7.9%増となった。