特大


JIS規格表

ホーム > 日本工業規格 段ボール箱の形式

日本工業規格 段ボール箱の形式

Tipe of Corrugated Fibreboard Boxes
JIS Z 1507 -1989(2000確認)

  1. 適用範囲 この規格は、外装用段ボール箱、内装用段ボール箱及び附属類の形式について規定する。
  2. 形式
     2.1 形式の表し方 段ボール箱及び附属類の形式は、4けたのコード番号で示し、上位2けたは基本形式、下位2けたは個別形式を表す。
     2.2 各部の呼称 及び記号  箱、身 及びふたの部分を表す呼称及び記号は、表1のとおりとする。この場合、身とはふた付き箱の内側をいい、ふたとは外側をいう[2.3(2)参照]。


     2.3 箱及び代表的な附属類の形式
     (1) 02 (溝切り形:Slotted-type boxes) この形式は、原則としてワンピースで、フラップがあり、継ぎしろをもつもので、その形式は表2による。ただし、継ぎしろは、長さ面又は幅面のいずれにつけてもよい。







     (2)03(テレスコーブ形:Telescope-type boxes) この形式は、身とふたとからなり、ツーピース以上で構成するもので、その形式は表3による。




     (3) 04(組立形:Folder-type boxes) この形式は、ワンピースで、継ぎしろなしで組み立てられるもので、その形式は表4による。






     (4) 05(差し込み形:side-type boxes) この形式は、基本的には外枠と それに差し込む内枠とからなるもので、その形式は 表 5による。




     (5) 06(ブリス形:Rigid-tipe boxes、 Bliss-type boxes) この形式は、スリーピースからなり、接合して組み立てられるもので、その形式は表6による。




     (6) 07(のり付け簡易組立形:Ready-glued type booxes) この形式は、ワンピースで、接合して折り畳み、簡単に組立てができるもので、その形式は表 7による。


     (7) 09 (代表的な附属類:interia fitment) 代表的な附属類の形式は表8による。


    参考 1 JIS Z 1507 -1962(段ボール箱 及びファイバ-籍の形式)との対応 JIS Z 1507 -1962との対応は、参 考 1 表 1 による。


    参考 2 作図に用いる図記号 段ボール箱の図面を描く場合に必要な図記号を、次に示す。
     (1) 断裁、けい線、溝切りなど 箱の展開図を描く場合に用いる断裁、けい線及び溝切りなどの図記号は、参考 2 表 1 による。


     (2) 接合 箱の展開図を描く場合、継ぎしろ部分の接合方法の記号及び図記号は、参考2表2による。


     (3)手掛けあな 手掛けあなを描く場合の図記号については、参考2表3 による。


    参考 3 コード番号の利用法
     (1)例 1:


    この箱の形式は0201であり、底面のフラップは0215で、グルー接合である。
    したがって、0201/0215(天面フラップ/底面フラップ)・Gと表す。

     (2)例 2:


    この箱の形式は0303であり、幅面(WH)の上部を斜めに折り、長さ面(LH)と平線接合されている。
    したがって、0303WH/LH・Sと表す。

     (3) 例 3:


    この箱の形式は0320であり、天面のフラップは0209、底面のフラップは0204、平線接合、手掛けあな付きで0933の6×4の仕切りがついている。
     したがって、
     箱0320:天面フラップ0209:底面フラップ0204、S・P:仕切り0933、6×4
     又は0320(0209/0204)・S・P:0933、6×4
    と表す。

    参考 4 箱の寸法表示 段ボール箱の寸法を表示するときは、長さ、幅及び高さの順序とし、次の記号で表し、単位はミリメートル(mm)とする。
     長さ(L)×幅(W)×高さ(H)