特大


シート市況 研究

ホーム > シート市況 研究 > 昭和57年シート市況(その2)

昭和57年シート市況(その2)

(7月上旬)
関東CBAが、別項の通り「ケース価格の無意味な低下を防ぎ、業界の正常化・健全化のために行動する」との趣旨の決議を行った。この背景には、日経紙の市況報道と、それによるユーザーからの値下げ要求の圧力の強さを思わせるものがある。市場情勢は、ムード的な悪化がつづき、弱気配に終始。原紙混乱から、見通しが一層不透明になった感触。
(7月中旬)
段ボール市況の安値報道で一時は少し浮き足立ちかけたが、最近は、また平静さをとりもどした経過。第1次オイルショック後の需要激減の中で起こった暴落騒ぎと、それから55年の、原紙が必ずしも下がらない情勢なのに、下がるだろうで過当競争に走ったフライングの教訓と、この二つが弱保合い・横ばいの"底固さ"を支えている。6月以降、需要やや好転。
(7月下旬)
中段工の調整規程が、いよいよ近く認可の運び。段ボール業界としての不況克服への"対応姿勢"が、これで一つの形として定まってこよう。シート業界と、製函業界と、この両者の間に、市場安定への幅広いコンセンサスが漸く底流で大きく動き出して行く気配。こうした安定化指向を背景に、シート市況は弱保合い横ばいのまま推移している。
(8月上旬)
甲子園の高校野球が、連日すがすがしい熱戦のドラマをくり広げている。高校野球の間は、段ボール業界は夏場閑散のただ中。そして、これが終ると、同時に「秋」がはじまる。今年の秋には、もはや、そう大きな期待は持たれていない。しかし、その一方で、停迷をつづける需要面も、これから更に悪くなる感じではないともいう。秋は秋か。
(8月中旬)
1〜6月の段ボール生産は合計38億6,703万5千m2、前年同期比で103.2であった。57年上期は、辛うじて3.2%の増加だが、前年1〜6月が55年比で9.4%ものマイナスだったことを考えれば、この増加は勿論、増加ではなくて、まだ水面下の「マイナス幅の減少」にとどまっている形。調整規程発効もあり、当面「水面下の小康」つづくか。
(8月下旬)
段ボール原紙の情勢がどう推移するのか。一方で中芯は採算割れでメーカーが値上げに結束、もう一方でライナーは懸命の減産でガードを固めるが、その割には減産効果が出ず、軟調気配でじわじわと値を下げ、C級ライナーは3ケタの大台割れ寸前。それにしても、Cライナーと中芯の価格差40円というのは前代未聞の現象である。シートも原紙に追随の気配、変わらず。
(9月上旬)
9月に入って、やはり、需要が少し動き出してきた。ズレ込んでいた青果物、そ菜関係の注文が出はじめ、荷動きがやや活発化の気配。。シート市況は、原紙市況の推移を横目でみながらの推移の形。当分、まだ現状の"弱保合い、横ばい"の市況観が大きく変わる兆候はない。原紙は、中芯値上げがメーカーの期待のように動かず、ライナーもやや軟化の情勢。
(9月中旬)
7月度の段ボール生産確報が6億8,133万9千m2、前月比102.9と発表された。前月比でもごくわずかながら増加。全般に伸びは低いものの、低いなりに安定していることが確かめられた。関東地区のシート市況は弱保合いのまま変わらず。ただ、名古屋地区の例からも、東段工調整規程の実施が今後にどうひびくかが注目されよう。
(9月下旬)
シート市況が底値圏に近づいて来た。ムードに引きずられて、無気力に値を消してきたが、売り手の段ボール業界、買い手の製函業界とも、底流には次第に大きな意識変化が生じつつあると観測される。キッカケをつくったのは、一つには「調整規程」。東日本も既に実施含みムード、西も実施に前向きに変わった。焦点はやはり「北関東」と、某大手人事の動向も注目されている。
(10月上旬)
シート市況は、全国的にこれまでのような過当競争がかげをひそめ、シートメーカーが極端な安値整理にうごいて底入れ気配濃厚になった。気分的には、中芯の小反発の一方で、ライナーの軟調があって、もう一つすっきりしないムードだが、実勢的にはライナーも下がるところまで下がってきた。最盛需要期にもかかわらず気迷いの絶えない推移。
(10月中旬)
東段工地区も10月から調整規程の実施に入ったことで、安値競争がかげをひそめ、シート市況全般に、落ち着いた推移となった。傾向としては、値下がりが全く止まったとは必ずしも言い切れない状況だが、いわゆる"弱保合い"の横ばいのままの平穏な推移となっている。10月の需要増加で、荷動きがやや活発化、待望の7億m2の大台は確実に越えた感触。
(11月上旬)
調整規程の実施とともに、シートメーカー同士の安値セリ合いが影をひそめて、トラブルがなくなった。まだ「ゼロではない」が、北関東の乱戦に一応メドがつきはじめたことは確実。これとともに、シートメーカーでは、いわゆる"C5"で65円以下のものの整理に力を入れはじめている。明春の価格動向とともに、注目される動きとなった。
(11月中旬)
今年の年末需要は、ユーザーが全般に発注を後へ後へとズレ込ませてきた関係から、年末になって盛り上がるのではないかと期待されてきた。ところが、別項の通り、需要期らしい動きが盛り上がったのは10月とせいぜい11月の、第1週ぐらいまで、第2週から急に減ってきたという声が多い。量は出ないが、市況は弱保合いのまま平静な推移。
(11月下旬)
実際のところは統計数字が出てみないと分からないが、11月は総体によくなかったようだ。昨年は7億m2弱だったが、今年はとてもそれほどはという見方が多く、どうやら再びマイナスの気配。シート市況は、全国的に下げ止まっている。セリ込み競争が止んで平穏。調整規程のタイミングがよかったという見方が多いようだ。
(12月上旬)
「北関東」といえば、シート市況の上では「全国で一番安い地域」の代名詞にもなっているが、当の地元では「世間一般に多分に誤解もある」と。つまり、「青果物向けは確かに安い。だが、その他の一般ものは品質も違うし価格も違う。実態は(1)青果物と(2)その他の2本だてだが、その辺が混同されている」と。C5/70円、C6/77円が北関東の一般もの普通相場。
(12月中旬)
57年のシート市況の経過で、どう転ぶか、最も危険な局面だったのは5月連休明けから夏場にかけて。つまり、原紙が下がり、段ボール値上げが頓坐した直後だったろう。「原紙が下がったらシートは下がるもの」という世間的常識が誇張、増幅され、センセーショナルな市況報道もあったが、実態は1カ月に1円弱ぐらいのペースにとどまった。年末ごろは全く無風状態。