特大


シート市況 研究

ホーム > シート市況 研究 > 昭和58年シート市況(その1)

昭和58年シート市況(その1)

  • 図1図1

  • 図2図2

  • 表1表1

(1月下旬)
段ボールシート市況は、年明け後の需要閑散期にどうかが一部に懸念されていたが、昨年来の平静さが何も変わらず落ち着いた推移を辿っている。とくに11月の7億3千200万m2が明るい材料となって広がり、期せずして自信回復につながり、安定化をいちだんと強めた気配。それに、段ボール原紙の状況が、"他山の石"となって、価格第一指向が更に強まっている。
(2月上旬)
需要は依然冴えない。しかし、底割れの懸念は去ったというのが、年明け後の経過からみた大方の感触だろう。そうした中で、焦点はやはり原紙の値上げ問題がどうなるか。こんどは、メーカーが、慎重な上にも慎重である。というより客観情勢の悪さに足をとられて、容易に動けないままズルズルきた恰好。ただし、無理も承知で動かざるを得ない台所事情に。
(2月中旬)
57年の段ボール生産が80億m2を越えた。アメリカ経済がやや好転した。原油がはっきり下がった。つまり、前途に希望が持てはじめたようだ。今年の後半は、こんどこそ三度目の正直になるだろうか。シート市況、変わらず。正確には、月間のトータルで平均20銭か30銭の微速下降の保合い状態。そうした中で、内装用ライナーが値上げに動く意向。
(2月下旬)
注目の段ボール原紙値上げがほぼ時間切れの状況。メーカーは値上げの旗をあげたまま、チャンスをうかがう形になりそうだ。原紙値上げの不発が、段ボールにはどう響いてくるかが懸念されるところ。折柄、大手の売込み姿勢が年初来強まっているとの批判もちらほら聞かれ、市場に微妙な動揺を及ぼしている気配。需要不足がひびいている。
(3月上旬)
段ボール需要の最近推移は「1月中旬以降は割合よかったが、2月の特に半ば以降が振わなかった」といわれる。もっとも、昨年11月の例もあるから、実績数字をみるまでは何ともいえないが、「需要はなお停滞を続けている」との景況判断が全般に市況圧迫感を強めている。材質の関係その他で基準がはっきりしないが、C5/62〜63円ものが多い。
(3月中旬)
不景気風が吹き抜けるなかにも、春の需要シーズンの訪れを迎えている。1月〜2月の需要不足下で過当競争の再燃が懸念される場面もあったが、春需期の需要増加につれて、摩擦のタネも柔らいだ気配。当面、もうすぐ4月の年度替わり時期の価格更改を迎えるが、まず大きな波瀾はないというのが一般のムード。シート市況、変わらず。
(3月下旬)
「原紙は一体どうなるか」で、市場全般が重い気分。その一方で、統計の数字だけはどんどん好転してきている。こんど発表された2月速報から類推すれば、2月の伸びも「5%台」は固い。何がどうしてこう急速に段ボール需要を増加させているのか分からないが、数量面では"様変わり"の気配になってきたことは確かなのだろう。4月は価格問題のヤマ場。
(4月上旬)
ウェアハウザー社が、クラフトライナー価格をキロ3円値下げした。この「北米ライナー値下げ」が、これからどういうように市場に受けとめられ、消化されるかが当面の市況の焦点だろう。Kダッシュ、Kツーダッシュ、Kスリーダッシュと、複雑怪奇な状況だが、まがいものではなく、国際的な指標ともなる製品が下がったというところに重大な意味がありそう。
(4月中旬)
「メーカーが近く値上げアナウンス」との声がしきり。メーカーは全社揃って赤字。そして、先の3月には「アナウンスさえ出来なかった」状況だったが、行きつ戻りつしながら、やがて必ずどこかで"沸騰点"が訪ずれるはず。段メーカーの収益も悪い。3月決算は本来なら赤字だが、原紙代の戻しでなんとかといわれる。だが、市場のムードはまだ悪いまま。弱保合い。
(4月下旬)
「中芯メーカーが4月下旬、相次いでキロ10円アップを改めて値上げ発表、28日には本州がKライナー値上げを発表した。この1カ月で、原紙の局面が急転換し、いまも変化の真っ最中。段ボールも、早晩値上げ必至。5月連休あけにもまずその先触れ的なムード変化が出る気配である。当面、安値品の整理がどう進められるか注目されよう。
(5月上旬)
「5月連休明け」は、毎年のように、情勢の変わり目の季節になる。ある年は春の値上げが連休明けではっきり決着したり、逆にダメなことが判然としたり、去年は「中芯事件」があった。今年は、底流での「流れの変化」がいわれている。懸念された4月が特に波乱なく経過。ただし、原紙値上げのアナウンスも、段ボール市況にはまだ響いていない。
(5月中旬)
シート市況も、底入れ。原紙情勢の時々刻々の変化を受けて、これから下値整理に向けて進んでこよう。段ボール需要にも少し活気が出て来た気配。何より、気がかりだった電器関係の復調が心強い。青果物や、夏場の飲料関係、その他の夏ものが揃って例年より上向いている様子だ。久方振りに、景気浮揚感がじわじわ浸透しつつある。
(5月下旬)
段ボール統計の平均単価の記録によると、現状の価格水準は55年初の値上げ分をちょうど白紙に戻した状況になっている。当時といまとでは原紙も、品質的に、あるいは坪量でも大きく変貌を遂げているから、勿論、ただ水平的に比較するのは意味がない。そして、いままた、段ボール原紙全品種の値上げ。段ボール市場情勢もこれから刻々変化の速度を早めよう。
(6月上旬)
いまに出る、いまに出るといわれつづけてきたジュートライナーの値上げアナウンスがあって、ほっと安心?なのかどうか、段ボール市況も底固い動きに推移した。このあと、6月末で切れる東段工調整規程、7月末の中段工・西段工の調整規程の期限切れ後はどうかが一つの注目材料。ひと山越え、ふた山越えしながら、「秋」に向けムードが動いて行く感触。
(6月中旬)
「シート値上げ」は、いつも"下値の切捨て"から始まる。つまりオーバーランした極端な安値の整理だが、現在本格化している外装用ライナーの値上げ交渉が煮つまってくると、まずそれが表面化しそうだ。製函業界も、長い下況に疲れて、「今秋」のケース値上げにスタンバイの気運。一つのコンセンサスが、自然発生的に形成されてきている。
(6月下旬)
段ボールの生産が前年比で3月4.5%増、4月5.5%増、5月推定6.5%増、6月推定7.5%増と逐月1ポイントずつ上昇の勢い。この需要回復・上昇を受けて、これまでシート売りを手控え気味だったシートメーカーの姿勢が積極化している。つれて、段ボール値上げへの展望から、先立ってシェア回復の戦略的動きも一部に。