特大


シート市況 研究

ホーム > シート市況 研究 > 昭和63年シート市況(全)

昭和63年シート市況(全)

  • 図1図1

  • 図2図2

  • 表1表1

(1月上旬)
年の暮れからお正月このかた、連日のポカポカ陽気で、季節感が少しおかしくなりそうな工合である。新年早々の第1週がいま終わったところで、「仕事はこれから」という形。しかし、円高不況でじわじわ締めつけられる一方だった感じの前年の年明けと違って、今年は先行きの展望もいまのポカポカ陽気同様の明るい気分。期待にみちたスタートとなった。
(1月中旬)
今年は「値上げ」と「円高メリット還元」との、そのかね合いの年のような推移になると理解されている。けれども、要するに値上げは値上げだし、どんな推移をたどるかが最大の焦点だろう。原紙値上げの打ち出しは「3月」からの予想だが、メ一カーも非常に慎重。これを消化する段ボールの価格問題が、昨年より更に難かしくなっている。
(2月上旬)
段ボール原紙の値上げが、予想通り動き出してきた。値上げの幅は、昨年打ち出したものの結局浸透には至らなかった線、ということのようである。下がり過ぎて、上げ幅が大きいジュートCダッシュライナー、中芯原紙は2回に分けて実施となる。ただし、メーカーの原紙値上げに対して、段ボール業界は音なしの構え。予想のつかぬ展開となりそうだ。
(2月中旬)
段ボール原紙の値上げアナウンスの一方で、原料の段ボール古紙は値下げに向かった。誰が考えても、原料が下がって、製品が上がれば世の中言うことなしだが、果たしてそううまくいくかどうか。段ボール業界の方は「市場原理」主義で、ただ黙って様子を見ているだけ。さっぱり燃えない「春」である。シート市況、ほぼ変わらず平静な推移。
(2月下旬)
「談合体質、業界依存体質からの脱却」が強くいわれる中で、市況はかえって平静。かつ、業界心理も意外に冷静にこうした業界の"流れ"を受けとめており、良い方向に向きそうとの予感がひろがっている。そうでなくても、世は自由化の時代。原紙メーカーの10年に亘るカルテル体制も6月の産構法廃止で終わる。多少の不安はなくもないが。
(3月上旬)
段ボール需要が相変わらず堅調な推移をつづけており、当面、一応の感触としては、今年の前半は前年比で少なくとも5%以上の伸びを期待してよさそうである。ということは、いつもその年の価格情勢が右か左か、大勢の判明する5月の連休明けには、業界の空気がいまと違って、いちだんと強気化しそうである。「秋」には市場原理型第1回目の値上げか。
(3月下旬)
1月の段ボール生産は8.5%の増加。年明け後は昨年後半よりやや低めかと見積もられていたが、逆に高めになってきている。2月は、ウルウ年の関係もあるので、いずれにせよ2ケタの伸びとなる見込み。シート市況は全く横ばい。「市場原理論も響いている」とされるが、とにかく業界の空気の"健全化"がかなりめだってきているようだ。
(4月上旬)
昭和63年第1四半期(1-3月)の段ボール需要動向は、どうやら62年第4四半期(10-12月)より、それをむしろ上回るペースで伸びているようである。つまり、62年第4四半期は前年同期比7.9%増と、高度成長期なみの伸びだったが、今年1-3月は少なくとも「8%台」に乗っている。まさに価格だけが、大方の期待を裏切りつづけている。
(4月中旬)
段ボール市況はピッタリ横ばい。そうした保合い状態の中で、景気の上昇をはやし、先行き展望をふまえた強気の市況観の素地も漸次広がってきているようである。よくいわれる相場用語に、「もうはまだなり、まだはもうなり」というのがあるが、いつか、どこかで「もう」に変わるはず。秋には、こんどこそ様変わりの市況情勢になっているか。
(4月下旬)
段ボール需要が昨年末から今年初、そして更に3月以降も上昇気配をつづけている。今年2月が1日多いという事情があるものの、第1四半期の前年同期比伸び率は9.5%程度にも達しそうである。「今年はひょっとすると2ケタの増加になるかも知れない」といった予感すら持たれはじめている。この需要と供給と。市況にも次第に反映されつつある。
(5月中旬)
成り行きが注目されていた段ボール原紙価格が、旧年度分について、どうやら最終的に決着がついたようだ。"もどし"はしない建て前であったが、結局は他にいい知恵も浮かばず、また市場が決める流れには逆らえず、一番なれた方法で処理された形のよう。段ボール需要はますます拡大の一途。予想では、10月の原紙消費量は72万tにも達する。供給力はどうか。
(6月中旬)
前年のいまごろと比べてみると、(1)段ボール需要は10%の2ケタ増加、(2)段原紙価格は曲がりなりにも上昇、(3)段ボール価格は下落、(4)中でもシート価格は値下がりがきついということで、段ボール業界全体が一見、"豊作貧乏"のような形にはまってしまっている。これから、さらなる心配は消費税。「3%」をどうするか、まだ見当もつかない。
(8月上旬)
青空のもと、甲子園にわきあがる大歓声ーーというシーズンなのに、まるで梅雨がもう一度舞い戻ってきたような暗い夏。せっかくの子どもたちの海、山の夏休みもさっぱりで、かわいそうである。景気は変調していないようだが、天気がこう悪いと、やはり季節消費を通じて景気にも多少はひびきそう。段ボール市況は全く横ばいのまま、夏休みへ。
(8月中旬)
今年の夏休みは、平均5.5日だったそうだが、その夏休みの過ごし方を色んな人に聞いてみたら、どれもこれもほとんど同じような答えが返ってきた。「結局、何をするともなく、家でごろごろしていた」と。「夏」の末端消費が、1-6月の上期の動向ほどではなかったのは確かだろう。景気はなお順調。天候さえ持ち直せばよいのだが。
(8月下旬)
未曽有の冷夏で、懸念された図式はいつもの通り「需要停滞→売り込み競争の激化→市況低下」だったが、需要が案外悪くなかったことや、また「下げたら結局かぶるのは自分」の情勢が浸透して、ほとんど無風のまま夏場閑散期を通過した。9月以降はいよいよ秋需要期に入る。今年は消費の拡大でピークの10月はまさに"記録的"な需要。どう作るか。
(9月下旬)
8月の段ボール生産速報が8億8千万m2で前年比9.2%増と、7月の落ち込みから逆に1-6月平均並みの2ケタ近い伸びにもどった。「天気は悪かったけれど、なぜかウチは割合忙しかった」という言葉をその頃よく耳にしたが、ちょうどそのままの需要状況だったようだ。市況はずっと前から底をついて、あとは反転を待つばかりの形勢が続いている。
(10月上旬)
もう既に3カ月以上もつづく天候不順のために失われた段ボール需要は、おそらく想像以上に莫大なものになるはずである。前年比の伸びも、本来なら2ケタを越えていただろう。需要面がそういう状況の一方で、コスト面ではOPEC原油がまたまた下がり、古紙も下がって、原紙値上げはややしばし遠のいた形。やはり焦点は明年早々なのか。
(10月中旬)
別項の通り、今年8月までの段ボール生産は前年比9.1%の増加だが、このうち一貫消費分は8.0%増にとどまった反面で、製函メーカーへのシート出荷は11.0%もの大幅な伸びとなった。この需要パターンは、昭和48年の石油危機で打ち止めになった"高度成長期"以来のもの。シート出荷の割合は前年同期の42.0%から反転、42.6%に上昇した。
(11月上旬)
史上空前、推定10億5千万m2超と目される10月度の繁忙ぶりは正に大変なものだったようである。「段ボール工場の中は、みんな人が走っている」という状況。10月にはじめて10億m2を越えて、11月も10億m2超であることは確実。段ボール市況は全く横ばいの推移変わらず。このあと、明年の展望がどのように開けてくるか。
(11月中旬)
国内の段ボール市況は、全く底入れ、横ばいの形でずっと推移している。おそらく、このように市況変動のないまま、こんなに長期にわたって推移するということ事態が、いわば新記録である。このあと、景気の前途も大そう見通しが明るいし、問題ないが、唯一の懸念材料ともいえるのが台湾の過剰投資。明年は国内需給バランスと台湾原紙との綱引きの感触も。
(12月中旬)
段ボールの価格は、値上げ活動で上昇している時期以外は常に値下がりが通り相場だった。今年は年初と9月までの比較で1円台の差。昨年来記録的なので、最近年の出荷シート平均単価の年初と年末の価格差を列記してみる。昭和54年19円、55年18円、56年7円、57年5円、58年4円、59年3円、60年2円、61年5円、62年ゼロ。因みに、63年1月64円台→9月63円。