特大


歴史の証言

ホーム > 歴史の証言 >「歴史の証言」 湾岸戦争・ソビエト解体の年に(平成3年)

「歴史の証言」 湾岸戦争・ソビエト解体の年に(平成3年)

1991年は世界史的にも特記される年となった。前年8月のイラクのクウェート侵攻を契機とした湾岸戦争勃発からの原油価格急騰、ソビエトのクーデター発生とわずか3日での失敗、そして、わが国では昭和末年代からのバブル崩壊がやってきて、上記の世界の激動の中で金融・建設・不動産の御三家を筆頭に破綻の波が拡大する過程が進行しつつあった。
加えて、天候条件が最悪。夏場の100日の間の80数日が連続の雨。更に台風17号、18号、19号の襲来で記録的な大被害が発生した年となった。